【自賠責保険】時効

Q
 事故後だいぶ時間が経つのですがまだ示談が成立しません。時効にかかってしまわないか心配なのですが,自賠責保険の請求権はどのくらいで時効になるのでしょうか。

A
 被害者請求の場合は,傷害の場合は事故日の翌日から,死亡の場合は死亡日の翌日から,後遺障害による損害の場合は症状固定の翌日から,それぞれ3年です。


1 被害者請求権の時効
  被害者請求権は3年の消滅時効にかかります(自賠法19条)。初日不算入の原則(民法140条)
 があるので,傷害の場合は事故日の翌日から,死亡の場合は死亡日の翌日から,後遺障害の場合は
 症状固定日の翌日からが時効の起算日となります。複数の後遺障害があって症状固定日が異なる場
 合には,最も遅いものが起算日となります。

2 加害者請求権の時効
  加害者請求権についても,3年の消滅時効にかかります(保険法95条1項)。賠償金の支払日の
 翌日から3年ということになります。

3 加害者に資力がない場合の注意点
  任意保険がない等の事情で加害者に資力がない場合,被害者請求権が時効になってしまうと,保
 険金の支払いを受けられなくなるおそれがありますが,自賠責保険会社で時効中断申請の手続をす
 れば時効中断を承認する書類を発行してもらえるようです。

4 追加請求をする場合と時効の配慮
  一度自賠責保険が支払われた後に追加払いを請求するとき(例えば,後日の訴訟で自賠責保険の
 認定を上回る後遺障害等級が認定された場合や死亡保険金を請求して保険金額未満の額が支払われ
 たものの,後日の訴訟で自賠責保険の額を超える賠償額が認定された場合)には,以前の支払の時
 点で債務の承認(民147)として時効が中断しますが,さらに3年経つと時効になってしまうの
 で,時効中断申請しておく必要があります。

5 被害者請求権の時効と救済方法
  被害者請求権が時効になってしまうと,加害者が賠償金を支払えない限り,支払を受けられなく
 なってしまうのか,という問題がありましたが,最高裁昭和56年3月24日民集35巻2号271頁は,
 「自賠責保険契約に基づく被保険者の保険金請求権は,被保険者の被害者に対する賠償金の支払を
 停止条件とする債権であるが,自賠法3条所定の損害賠償請求権を執行債権として右損害賠償義務
 の履行によって発生すべき被保険者の自賠責保険金請求権につき転付命令が申請された場合には,
 転付命令が有効に発せられて執行債権の弁済の効果が生ずるというまさにそのことによって右停止
 条件が成就するのであるから,右保険金請求権を券面額ある債権として取り扱い,その被転付適格
 を肯定すべきものと解するのを相当とする。」と述べて,被害者の賠償請求権(自賠3)に基づい
 て加害者請求権の差押転付命令を得れば,被害者が自賠責保険の加害者請求権を行使できるとしま
 した。

6 政府保障事業に対するてん補金請求の時効
 ⑴ 3年(自賠法75条)です。
 ⑵ ひき逃げ事故の場合,加害者らしき者が見つかっても,加害者でないと争われることがあり,
  その者に対する損害賠償請求訴訟をしたものの敗訴した場合,てん補金請求が時効になってしま
  うのか,という問題がありました。
   この問題点について,最高裁平成8年3月5日民集50巻3号383頁は,「ある者が交通事故の加
  害自動車の保有者であるか否かをめぐって,右の者と当該交通事故の被害者との間で自賠法3条
  による損害賠償請求権の存否が争われている場合においては,自賠法3条による損害賠償請求権
  が存在しないことが確定した時から被害者の有する本件規定による請求権の消滅時効が進行する
  というべきである。」としました。加害者ではないかと見られる者に対する損害賠償請求訴訟を
  している間は,てん補金請求権の行使が期待できないからです。
   そのため,加害者ではないかと見られる者に対する敗訴判決が確定したときから時効が進行す
  ることになります。



当事務所の交通事故コラム一覧

平成28年賃金センサス(年収額)
障害年金の支給申請
【自賠責保険】時効
【自賠責保険】政府保障事業
【自賠責保険】免責・減額の判断と実務の状況
【自賠責保険】判決結果と自賠責保険
【自賠責保険】自賠責保険・共済紛争処理機構
【事務所内研修】自動車事故の弁護士費用特約
【自賠責保険】高次脳機能障害認定システム-後遺障害認定の特別な審査会制度
【自賠責保険】脊柱の変形など
【自賠責保険】関節機能障害など
【自賠責保険】神経症状の問題点と立証のポイント
【自賠責保険】後遺障害の認定結果に対する異議申立て手続について
【自賠責保険】後遺障害の認定結果に納得できない場合
【研修】高次脳機能障害(part1)
【自賠責保険】特殊な等級認定
【自賠責保険】後遺障害の認定手法
【自賠責保険】後遺障害の認定システム
【自賠責保険】外国人の損害
【自賠責保険】交通事故の逸失利益(自賠責基準)の算定について
【自賠責保険】休業損害(収入証明が困難な場合)
【自賠責保険】休業損害はどのように算定されるか
【自賠責保険】治療費はどのように支払われるか
【自賠責保険】自賠責保険会社の説明義務
【自賠責保険】自賠責保険の金額はどのように算定されるか
【自賠責保険】間接被害者の請求方法
【自賠責保険】内縁配偶者の請求
【自賠責保険】権利者多数の場合の請求方法
【自賠責保険】他人性が問題となる場合―共同運行供用者―
【自賠責保険】保有者に運行供用者責任が発生しない場合
【自賠責保険】人傷保険金と自賠責保険金の代位について
平成27年賃金センサス(年収額)
【研修】胸郭出口症候群
平成26年賃金センサス(年収額)
平成25年賃金センサス(年収額)
 

交通事故の初回相談料・着手金無料 0835-28-7228
 

事故発生から解決までの流れ   弁護士紹介   事務所紹介
ご相談の流れ   弁護士費用   解決事例
交通事故コラム        

 

その他専門サイト・ブログはこちらから

事務所サイトバナー2.pngrrikonbanner.jpgsaimuseiribannrt.jpgblogbanner.jpg
初回相談料着手金0円 交通事故・後遺障害の相談ダイヤル 0835-28-7228

自己負担金0円? 弁護士費用特約を活用する方法

相談票ダウンロード

弁護士紹介

弁護士費用

CONTENTS MENU

事務所概要 いたむら法律事務所 山口県防府市寿町2-11吉幸IIビル501

ACCESS MAP

対応エリア

事務所サイトバナー2.png
rikonbanner.jpg
Btn4_1.jpg
saimuseiribannrt.jpg
blogbanner.jpg




いたむら法律事務所

事務所住所
山口県防府市寿町2-11 吉幸IIビル501

法律相談のご予約 0835-28-7228

当サイトはリンクフリーです。リンクはご自由にお貼りください

Copyright (C) いたむら法律事務所 All Rights Reserved.