【自賠責保険】関節機能障害など

Q
 事故で膝関節の動きが悪くなったのに,後遺障害等級は非該当となってしまいました。自賠責保険の認定基準どおりであれば等級認定されるほど動かないのですが,どういうことでしょうか。

A
 自賠責保険の実務では,永久に症状が改善しないという点が重視されます。単に動きが悪いとの測定結果だけではなく,動きが悪い原因が推定できるような所見などを医師に指摘してもらうなど,動きが良くならないであろうと判断できる資料を提出する必要があります。



 上肢,下肢の三大関節(肩・肘・手/股・膝・足)の機能障害(可動域制限)については,健側(障害がない方)と患側の可動域(他動域)を対比します(神経の麻痺で関節が動かせない場合は自動域の測定値を基に判断します。)。
 正常な可動域の2分の1以下となっている場合には,10級10号・11号「関節の機能に著しい障害を残すもの」,正常な可動域の4分の3以下となっている場合には,12級6号・7号「関節の機能に障害を残すもの」となります。
 可動域制限があるかどうかは,主要運動を重視して判定します。

水野図.JPG  肩関節,股関節は,どちらか一つが基準を満たす制限があればよいとされています(「用廃」の場合は両方満たす必要があります。)。
 「屈曲」と「伸展」の二つの場合,可動域の検査数値を合計したもので評価します。
 「参考運動」は,主要運動による評価が,あと少しで基準を満たすような微妙なときに参考にするものです。
 他動域測定値が基準を満たす場合であっても,器質的な原因による関節の拘縮の所見がある,関節の拘縮が発生してもおかしくない傷害態様だった,神経症状が生じていると判断できる,といった裏付け的な所見の存在を参照して判断されるので,単に検査数値を主張するだけでなく,可動域制限の生ずる原因を明確にする内容の資料の提出をする必要があります。



当事務所の交通事故コラム一覧

【自賠責保険】時効
【自賠責保険】政府保障事業
【自賠責保険】免責・減額の判断と実務の状況
【自賠責保険】判決結果と自賠責保険
【自賠責保険】自賠責保険・共済紛争処理機構
【事務所内研修】自動車事故の弁護士費用特約
【自賠責保険】高次脳機能障害認定システム-後遺障害認定の特別な審査会制度
【自賠責保険】脊柱の変形など
【自賠責保険】関節機能障害など
【自賠責保険】神経症状の問題点と立証のポイント
【自賠責保険】後遺障害の認定結果に対する異議申立て手続について
【自賠責保険】後遺障害の認定結果に納得できない場合
【研修】高次脳機能障害(part1)
【自賠責保険】特殊な等級認定
【自賠責保険】後遺障害の認定手法
【自賠責保険】後遺障害の認定システム
【自賠責保険】外国人の損害
【自賠責保険】交通事故の逸失利益(自賠責基準)の算定について
【自賠責保険】休業損害(収入証明が困難な場合)
【自賠責保険】休業損害はどのように算定されるか
【自賠責保険】治療費はどのように支払われるか
【自賠責保険】自賠責保険会社の説明義務
【自賠責保険】自賠責保険の金額はどのように算定されるか
【自賠責保険】間接被害者の請求方法
【自賠責保険】内縁配偶者の請求
【自賠責保険】権利者多数の場合の請求方法
【自賠責保険】他人性が問題となる場合―共同運行供用者―
【自賠責保険】保有者に運行供用者責任が発生しない場合
【自賠責保険】人傷保険金と自賠責保険金の代位について
平成27年賃金センサス(年収額)
【研修】胸郭出口症候群
平成26年賃金センサス(年収額)
平成25年賃金センサス(年収額)
 

交通事故の初回相談料・着手金無料 0835-28-7228
 

事故発生から解決までの流れ   弁護士紹介   事務所紹介
ご相談の流れ   弁護士費用   解決事例
交通事故コラム        

 

その他専門サイト・ブログはこちらから

事務所サイトバナー2.pngrrikonbanner.jpgsaimuseiribannrt.jpgblogbanner.jpg
初回相談料着手金0円 交通事故・後遺障害の相談ダイヤル 0835-28-7228

自己負担金0円? 弁護士費用特約を活用する方法

相談票ダウンロード

弁護士紹介

弁護士費用

CONTENTS MENU

事務所概要 いたむら法律事務所 山口県防府市寿町2-11吉幸IIビル501

ACCESS MAP

対応エリア

事務所サイトバナー2.png
rrikonbanner.jpg
saimuseiribannrt.jpg
blogbanner.jpg

いたむら法律事務所

事務所住所
山口県防府市寿町2-11 吉幸IIビル501

法律相談のご予約 0835-28-7228

当サイトはリンクフリーです。リンクはご自由にお貼りください

Copyright (C) いたむら法律事務所 All Rights Reserved.