【自賠責保険】特殊な等級認定

Q

 後遺障害がいくつもあるときの等級認定の方法や別表にあたらない障害の扱いについて教えてください。

 

A

 ①自賠法施行令に規定されている併合等級や,②運用上認められている相当等級などがあります。


 後遺障害が複数ある場合の併合等級については,自賠法施行令2条1項3号ロ~ホに定められています。5級以上が複数の場合は一番重い等級を3級繰上げ,8級以上が複数の場合は一番重い等級を2級繰上げ,13級以上が複数の場合は一番重い等級を1級繰上げ,それ以下の等級が複数の場合は最高の等級が後遺障害等級という扱いになります。

 具体的な認定は,障害等級早見表を参照してすることになります。
 障害等級早見表は,身体の部位・障害の態様別に分類されていて,原則として,同じ系列の障害は,上位等級の内容は下位の内容を含んでいるとされるので,繰り上げはされません。併合の扱いを受けるのは障害の系列が異なる場合です。
 もっとも,眼,腕,脚については例外(「相当等級」)があります。
 たとえば,上肢の欠損・機能障害で,1上肢の3大関節中の1関節の用廃(8級)と他の上肢の3大関節中1関節の著しい機能障害(10級)の場合に,単に8級のみとして扱うのは不合理なので,系列が異なる障害と同様に,7級として取り扱います。
 ただ,障害の程度の軽重の順序(序列)を崩さないよう配慮する必要があります。
 たとえば,上肢の3大関節の関節が用廃(6級)で,もう一つの3大関節は著しい機能障害(10級)の場合,併合の扱いをすると5級ですが,1上肢の用廃(5級)の方が明らかに程度が重いので,5級として取り扱うことはできず,6級にとどめざるを得ないことになります。

 自賠責での「相当等級」についてはもう一つあります。それが,どの系列にも属さない障害の扱いについての「相当等級」です。
 後遺障害等級表の備考⑥には,「各等級の後遺障害に該当しない後遺障害であって,各等級の後遺障害に相当するものは,当該等級の後遺障害とする。」と書かれています。これは,別表で具体的に定められたものと同等のものを後遺障害と認める制度です。
 例えば,嗅覚喪失や味覚脱失(12級),嗅覚減退(14級),外傷性散瞳(11級,12級,14級),男子のほとんど顔面全域にわたるはん痕で人に嫌悪感を抱かせる程度のもの(7級)があります。



当事務所の交通事故コラム一覧

平成28年賃金センサス(年収額)
障害年金の支給申請
【自賠責保険】時効
【自賠責保険】政府保障事業
【自賠責保険】免責・減額の判断と実務の状況
【自賠責保険】判決結果と自賠責保険
【自賠責保険】自賠責保険・共済紛争処理機構
【事務所内研修】自動車事故の弁護士費用特約
【自賠責保険】高次脳機能障害認定システム-後遺障害認定の特別な審査会制度
【自賠責保険】脊柱の変形など
【自賠責保険】関節機能障害など
【自賠責保険】神経症状の問題点と立証のポイント
【自賠責保険】後遺障害の認定結果に対する異議申立て手続について
【自賠責保険】後遺障害の認定結果に納得できない場合
【研修】高次脳機能障害(part1)
【自賠責保険】特殊な等級認定
【自賠責保険】後遺障害の認定手法
【自賠責保険】後遺障害の認定システム
【自賠責保険】外国人の損害
【自賠責保険】交通事故の逸失利益(自賠責基準)の算定について
【自賠責保険】休業損害(収入証明が困難な場合)
【自賠責保険】休業損害はどのように算定されるか
【自賠責保険】治療費はどのように支払われるか
【自賠責保険】自賠責保険会社の説明義務
【自賠責保険】自賠責保険の金額はどのように算定されるか
【自賠責保険】間接被害者の請求方法
【自賠責保険】内縁配偶者の請求
【自賠責保険】権利者多数の場合の請求方法
【自賠責保険】他人性が問題となる場合―共同運行供用者―
【自賠責保険】保有者に運行供用者責任が発生しない場合
【自賠責保険】人傷保険金と自賠責保険金の代位について
平成27年賃金センサス(年収額)
【研修】胸郭出口症候群
平成26年賃金センサス(年収額)
平成25年賃金センサス(年収額)
 

交通事故の初回相談料・着手金無料 0835-28-7228
 

事故発生から解決までの流れ   弁護士紹介   事務所紹介
ご相談の流れ   弁護士費用   解決事例
交通事故コラム        

 

その他専門サイト・ブログはこちらから

事務所サイトバナー2.pngrrikonbanner.jpgsaimuseiribannrt.jpgblogbanner.jpg
初回相談料着手金0円 交通事故・後遺障害の相談ダイヤル 0835-28-7228

自己負担金0円? 弁護士費用特約を活用する方法

相談票ダウンロード

弁護士紹介

弁護士費用

CONTENTS MENU

事務所概要 いたむら法律事務所 山口県防府市寿町2-11吉幸IIビル501

ACCESS MAP

対応エリア

事務所サイトバナー2.png
rikonbanner.jpg
Btn4_1.jpg
saimuseiribannrt.jpg
blogbanner.jpg




いたむら法律事務所

事務所住所
山口県防府市寿町2-11 吉幸IIビル501

法律相談のご予約 0835-28-7228

当サイトはリンクフリーです。リンクはご自由にお貼りください

Copyright (C) いたむら法律事務所 All Rights Reserved.