• HOME
  • 交通事故コラム
  • 【自賠責保険】後遺障害の認定結果に対する異議申立て手続きについて

【自賠責保険】後遺障害の認定結果に対する異議申立て手続について

Q

 自賠責調査事務所の後遺障害等級認定が不服なので,異議申立てをしようと思います。どのように手続きをすればよいでしょうか。

 

A

 調査事務所の認定理由を確認したうえで,不当な点を具体的に指摘し,裏付けとなる資料を提出するとよいでしょう。 
 

 後遺障害等級の認定結果に納得できない場合は,不服申立てをすることができるというお話を,コラム「後遺障害の認定結果に納得できない場合」でご紹介しました。
 今回は,不服申立ての方法の一つ,異議申立ての手続についてさらに見ていきます。
 
 異議申立ては,最初に等級認定手続の窓口となった保険会社に対して行います。
 被害者が相手方自賠責保険会社に対して被害者請求を行った場合は相手方自賠責保険会社に,相手方任意保険会社に一任して事前認定を受けた場合は相手方任意保険会社に対して行うことになりますね。
 
 異議申立てには,申立ての主旨を記載した異議申立書を提出する必要があります。書式は特に決まっていませんが,等級変更を目指すために,どのように書類を準備していけばいいかをご紹介します。
 
 異議申立書では、ただ痛みが続くことを主張するのではなく、医学的根拠を示したうえで、「認定の結果や理由に問題がある事」を指摘し、「等級認定の変更を求める理由」「認定されるべき等級が何級であるか」を主張するのが効果的です。
 認定理由は,認定結果とともに被害者に通知されるので,まずは,診断書に記載されている傷病のうち、後遺障害として認められた傷病と認められなかった傷病を確認し,何故低い等級に認定されたのか(非該当となったのか)を検討します。
 
 そもそも,後遺障害とは、事故によって身体に回復が困難と見込まれる障害が残ったため、労働能力や日常生活に支障があると認められる場合のことをいいます。
 認定理由を検討してみて,

①傷病と交通事故との因果関係があること
②負傷の程度(将来においても回復困難と見込まれること、労働能力の喪失を伴う症状であること)や事故の衝撃の程度
③自覚症状を裏付ける他覚的所見

が十分に説明できていなかったために低い等級認定または非該当になったと分かったのであれば、それを主張できる資料を新たに集めて異議申立書に添付します。

 例えば,医療水準が高いと評価されている医療機関で新たに後遺障害診断書を取得したり,主治医に意見書を取り付けたり,前回未提出の検査結果や異議申立て前に受けた最新の再検査結果(X線、CT、MRI)を提出するといいでしょう。
 場合によっては,画像鑑定に出して報告書を作成してもらったり,事故の刑事記録を取寄せたりすることも必要かもしれません。
 

 異議申立てによって等級が変更される確率は,まだまだ低いです。
 検討から資料集めまで個人でしようと思うと,専門知識も必要になるのでなかなか難しいと思います。そんな時は,一人で悩まず,ぜひ弁護士にご相談くださいね。



当事務所の交通事故コラム一覧

【自賠責保険】時効
【自賠責保険】政府保障事業
【自賠責保険】免責・減額の判断と実務の状況
【自賠責保険】判決結果と自賠責保険
【自賠責保険】自賠責保険・共済紛争処理機構
【事務所内研修】自動車事故の弁護士費用特約
【自賠責保険】高次脳機能障害認定システム-後遺障害認定の特別な審査会制度
【自賠責保険】脊柱の変形など
【自賠責保険】関節機能障害など
【自賠責保険】神経症状の問題点と立証のポイント
【自賠責保険】後遺障害の認定結果に対する異議申立て手続について
【自賠責保険】後遺障害の認定結果に納得できない場合
【研修】高次脳機能障害(part1)
【自賠責保険】特殊な等級認定
【自賠責保険】後遺障害の認定手法
【自賠責保険】後遺障害の認定システム
【自賠責保険】外国人の損害
【自賠責保険】交通事故の逸失利益(自賠責基準)の算定について
【自賠責保険】休業損害(収入証明が困難な場合)
【自賠責保険】休業損害はどのように算定されるか
【自賠責保険】治療費はどのように支払われるか
【自賠責保険】自賠責保険会社の説明義務
【自賠責保険】自賠責保険の金額はどのように算定されるか
【自賠責保険】間接被害者の請求方法
【自賠責保険】内縁配偶者の請求
【自賠責保険】権利者多数の場合の請求方法
【自賠責保険】他人性が問題となる場合―共同運行供用者―
【自賠責保険】保有者に運行供用者責任が発生しない場合
【自賠責保険】人傷保険金と自賠責保険金の代位について
平成27年賃金センサス(年収額)
【研修】胸郭出口症候群
平成26年賃金センサス(年収額)
平成25年賃金センサス(年収額)
 

交通事故の初回相談料・着手金無料 0835-28-7228
 

事故発生から解決までの流れ   弁護士紹介   事務所紹介
ご相談の流れ   弁護士費用   解決事例
交通事故コラム        

 

その他専門サイト・ブログはこちらから

事務所サイトバナー2.pngrrikonbanner.jpgsaimuseiribannrt.jpgblogbanner.jpg
初回相談料着手金0円 交通事故・後遺障害の相談ダイヤル 0835-28-7228

自己負担金0円? 弁護士費用特約を活用する方法

相談票ダウンロード

弁護士紹介

弁護士費用

CONTENTS MENU

事務所概要 いたむら法律事務所 山口県防府市寿町2-11吉幸IIビル501

ACCESS MAP

対応エリア

事務所サイトバナー2.png
rrikonbanner.jpg
saimuseiribannrt.jpg
blogbanner.jpg

いたむら法律事務所

事務所住所
山口県防府市寿町2-11 吉幸IIビル501

法律相談のご予約 0835-28-7228

当サイトはリンクフリーです。リンクはご自由にお貼りください

Copyright (C) いたむら法律事務所 All Rights Reserved.