むち打ち治療のポイント

 
ここでは,むち打ちで後遺障害の等級認定を受けるために重要な3つのポイントについてご説明いたします。
 

1. むち打ちに詳しい整形外科を受診すること

むち打ちで後遺障害の等級認定を獲得するためには,なるべく神経損傷に詳しい整形外科で治療を受け,適切な検査を受けることが大切です。
特に,MRI画像は,機械の精度によって画像の鮮明さが異なります。つまり,精度の低いMRIでは病変(ヘルニア等による脊髄もしくは神経根の圧迫など)を捉えきれない可能性があります。そのため,なるべく精度の高いMRIがある医療機関での撮影をお勧めします。
 

2. 適切な通院日数と頻度を確保すること

むち打ちが後遺障害として認定されるか否かの判断では,受傷直後から症状固定までの間(最低でも6か月間),適切な頻度で適切な日数通院していることも重要なポイントになります。
例えば,一括対応が打ち切りになった後も健康保険を利用して通院を続けたことが考慮され,非該当の認定が異議申立で14級9号に変更されたケースもあります。
もちろん,具体的な治療方針は症状に応じて医師と相談しながら決めることになりますが,通院日数や頻度が後遺障害の等級認定に影響することは覚えておいてください。
 

3. むち打ちに詳しい弁護士に相談すること

首や腰に痺れや痛みを感じ「もしかしてむち打ちになったかも?」と思われましたら,まずは,むち打ちに詳しい弁護士に相談をしましょう。
法律事務所にも交通事故案件を数多く取り扱っているところとそうでないところがあります。
意外に思われるかもしれませんが,弁護士の中には過去に交通事故案件を扱った経験がほとんどない先生もおられます。
さらに,交通事故案件の対応経験があっても,むち打ちに対して十分に理解がある弁護士とは限りません。
 
むち打ちの場合,適切な後遺障害等級認定を受けるためには,事故直後から適切な対処を行なうことが重要になります。交通事故に遭った際には,まず,むち打ちに詳しい弁護士に相談してください。
そして,適切な治療を受けながら,適切な後遺障害等級認定を受けるため一緒に準備を進めましょう。


 

 

 


死亡事故について、もっと詳しく知りたい方は…

死亡事故の損害賠償 死亡事故の逸失利益





交通事故の初回相談料・着手金無料 0835-28-7228
 

事故発生から解決までの流れ   弁護士紹介   事務所紹介
ご相談の流れ   弁護士費用   解決事例
交通事故コラム        

 

その他専門サイト・ブログはこちらから

事務所サイトバナー2.pngrrikonbanner.jpgsaimuseiribannrt.jpgblogbanner.jpg




いたむら法律事務所

事務所住所
山口県防府市寿町2-11 吉幸IIビル501

法律相談のご予約 0835-28-7228

当サイトはリンクフリーです。リンクはご自由にお貼りください

Copyright (C) いたむら法律事務所 All Rights Reserved.