• HOME
  • 過失相殺とは

過失割合・過失相殺とは?

過失割合とは

029.jpg  
加害者,被害者ともに過失がある場合に,その程度・割合を示すものです。

 

交通事故の示談交渉では,過失割合について激しく争われる事案が多くあります
 
被害者にとっては,突然の事故に巻き込まれ,「どうして私が・・・」「なぜ,うちの家族が・・・」と思っておられる状況で,例えば「過失相殺30%」などと言われると,「ふざけるな!」という気持ちになるのも無理はありません。
 
しかし,実際の交通事故において,過失割合が「10対0」という一方的過失のケースは,停止中の追突やセンターラインオーバーなど例外的場合に限られます。

 

多くのケースでは,多かれ少なかれ双方に過失があり,そのため過失割合が問題になります。
 

過失割合の考え方

交通事故の損害賠償額は,損害額に過失割合をかけたものになります。
例えば,1000万円の損害で自分の過失割合が40%の場合,1000万円-(1000万円×40%)の600万円の支払いを受けることになります。
つまり,過失割合によって受けられる賠償額が大きく変わってしまいます。
 
例えば,安全地帯がある横断歩道において,歩行者用信号が点滅し始めた段階で横断歩道を歩き始めた歩行者と,青信号で車が衝突してしまった場合,過失割合はどのように考えたらよいでしょうか。

 

被害者側にも信号が点滅段階で横断歩道を歩き始め,事故が発生する危険を冒したといえ,被害者側にも原因があるといえると思います。
この場合,基本の過失割合は,被害者(歩行者)40%,加害者(運転手)60%となります。
仮に歩行者の損害額が1,000万円だとすると,最終的な賠償額は600万円になります。
 

過失の判断は事実を確認してから

過失割合は,ある一定の事故態様(事実関係)を元に判断します。
先の例でも,歩行者が横断し始めたのが青信号で,まだ点滅し始めていなかったとなると,過失割合は全然違ってきます。

 

つまり,事実が違えば過失割合が違ってくるのです。
交通事故の被害者としては,過失割合の判断の元となる事故態様(事実関係)が合っているか否か,基本の過失割合を修正するような事実がないか否か,を確認する必要があります。
 
このように,過失割合は,事故態様(事実関係)によって大きく違ってきます。
加害者と被害者とで主張する事故態様(事実関係)が異なる場合,激しい争いになりますし,示談で解決せずに裁判になるケースも多いといえるでしょう。
 
過失割合について納得がいかない場合,専門家である弁護士にご相談ください。

交通事故の初回相談料・着手金無料 0835-28-7228
 

事故発生から解決までの流れ   弁護士紹介   事務所紹介
ご相談の流れ   弁護士費用   解決事例
交通事故コラム        

 

その他専門サイト・ブログはこちらから

事務所サイトバナー2.pngrrikonbanner.jpgsaimuseiribannrt.jpgblogbanner.jpg

いたむら法律事務所

事務所住所
山口県防府市寿町2-11 吉幸IIビル501

法律相談のご予約 0835-28-7228

当サイトはリンクフリーです。リンクはご自由にお貼りください

Copyright (C) いたむら法律事務所 All Rights Reserved.