• HOME
  • 損害賠償に関して

賠償金の計算方法

賠償金の計算方法の中身について

保険会社から示談金の提案書を示された場合,通常,被害者の方は「そもそも言葉の意味が分からない。」「金額が適正かどうか分からない。」という状況に陥ると思います。
保険会社の担当者はプロですから,「この提示額は,裁判所の基準より低いです。」とは説明しません。
  IMG_1367.JPG
 
しかし,前にも述べましたとおり,多くの場合,示談の提案書は①自賠責基準,②任意保険の基準を元に作成されているため,③裁判所の基準よりも低いことが多いのです。
 
まずは,主な損害の項目をご覧ください。
 

主な損害に関する項目

財産的損害 積極損害 ①治療関連費 治療費,通院交通費,付添看護費,将来の手術費など
消極損害 ②休業損害 事故で休業した期間の収入
③後遺障害逸失利益 将来得られたであろう収入から,後遺障害によって得られなくなるであろう減収分
精神的損害 慰謝料 ④入院・治療・怪我に対する
 慰謝料
事故によって被害者が受けた精神的苦痛に対して支払われる慰謝料で,入院・通院期間,怪我の状態などで基準があります。
⑤後遺障害に対する慰謝料 後遺障害による精神的苦痛に対する慰謝料で,後遺障害の等級や年齢,性別,職業などによって算出されます。

ただし,治療費や通院日をどこまで認めるか(症状固定時期)や,逸失利益の計算の元になる基礎収入や労働能力喪失期間などは,非常に難しい問題です。
保険会社の担当者から各項目の積算根拠を聞くと,「そんなものかな」と思ってしまう方も多いのでしょう。
しかし,急いでサインをしなければならない理由はありません。
「検討します」と言って,回答を保留し,専門家に相談すれば良いのです。
 

一人で悩まずご相談ください

「示談の提示書が届いたが,そもそも言葉の意味が分からない。」「金額に納得できない。」など,保険会社の提示に関して不安や疑問がある場合には,一人で悩まず,まずは弁護士にご相談されることをお勧めいたします。
 
入院時の損害賠償(①,②,④)については詳しくはこちらをご覧下さい。
 
後遺障害の損害賠償(③,⑤)について詳しくはこちらをご覧下さい。
 
※交通事故被害によってお亡くなりになられた場合は,死亡慰謝料,死亡逸失利益を受け取ることができます。詳しくはこちらをご覧下さい。

交通事故の初回相談料・着手金無料 0835-28-7228
 

事故発生から解決までの流れ   弁護士紹介   事務所紹介
ご相談の流れ   弁護士費用   解決事例
交通事故コラム        

 

その他専門サイト・ブログはこちらから

事務所サイトバナー2.pngrrikonbanner.jpgsaimuseiribannrt.jpgblogbanner.jpg

いたむら法律事務所

事務所住所
山口県防府市寿町2-11 吉幸IIビル501

法律相談のご予約 0835-28-7228

当サイトはリンクフリーです。リンクはご自由にお貼りください

Copyright (C) いたむら法律事務所 All Rights Reserved.