• HOME
  • 交通事故問題解決のポイント

交通事故問題解決のポイント

IMG_1293.JPG  
交通事故問題でスムーズに解決するためには,交通事故直後から,適正な賠償金を得るために対応をしなければなりません
 
ここでは,重要なポイントをご紹介させていただきます。
 

1.賠償金計算のおける3つの基準

交通事故の示談交渉は,事故で生じた損害賠償額を話合いで決めることですが,この賠償額の交渉においては,大きく分けて①自賠責基準②任意保険の基準③裁判所の基準の3つの基準が使われています。
この3つの基準のうち,どの基準を用いて損害賠償額を決定するかによって,賠償金額が大幅に異なってきます。
 
 

2.賠償金の計算方法

保険会社との示談交渉においては,一般的には,治療が終わった後,保険会社から損害賠償金の提示を受けることになります。
しかし,多くの交通事故被害者は人生で初めて交通事故に遭っているため,保険会社からの提示額や積算の根拠が適正かどうか,よく分からないのが実情でしょう。
 
 

3.入通院時の損害賠償

交通事故に遭って怪我をされ,治療のために入院や通院が必要になった場合,交通事故被害者は,治療に必要な費用だけでなく,入院・通院に応じた慰謝料,仕事を休んで収入が減少した場合にはその分の補償などを請求することができます。
 
 

4.過失割合・過失相殺とは?

交通事故の場合,事故が発生した原因は加害者だけでなく被害者側にもあるということが多いです。
そのような場合,過失割合をどう考えるかが重大な問題となります。
 
 

5.弁護士に相談するタイミング

交通事故は突発的に起こるため,人生で初めての経験である方がほとんどです。
そのため,交通事故被害者の方からは,「弁護士の先生にはどのタイミングで相談するのが良いですか?」とお問合せをいただくことがあります。
 
 

6.弁護士と行政書士との違い

最近では,弁護士だけでなく行政書士も交通事故に関する情報を発信しています。
そのため,稀に「弁護士と行政書士はどう違うのですか?」,「弁護士と行政書士の,どちらに相談すべきですか?」とお問合せをいただくこともあります。
 
>>詳しくはこちら



 

交通事故の初回相談料・着手金無料 0835-28-7228
 

事故発生から解決までの流れ   弁護士紹介   事務所紹介
ご相談の流れ   弁護士費用   解決事例
交通事故コラム        

 

その他専門サイト・ブログはこちらから

事務所サイトバナー2.pngrrikonbanner.jpgsaimuseiribannrt.jpgblogbanner.jpg

いたむら法律事務所

事務所住所
山口県防府市寿町2-11 吉幸IIビル501

法律相談のご予約 0835-28-7228

当サイトはリンクフリーです。リンクはご自由にお貼りください

Copyright (C) いたむら法律事務所 All Rights Reserved.